筋肉や骨を治すプロ|柔道整復師の求人の特徴とは

男女

骨折・捻挫治療の専門家

メンズ

養成校で学ぶ必要がある

医療関連の求人情報を見ていると、よく柔道整復師という職種を目にします。求人広告を出しているのは接骨院や整骨院と呼ばれる施設が中心ですが、病院からの求人もあります。また、介護職員に関する求人情報の中にも、必要な資格の中にこの名を見かけることがあります。柔道整復師は、骨折や脱臼、捻挫、打撲といった骨・関節・筋肉などの治療を専門に行う職種です。業として行うには国家資格が必要で、毎年1回行われる国家試験に合格することで取得できます。受験資格を得るには、柔道整復師養成課程のある大学や専門学校等で学び、所定の単位を修める必要があります。学習期間は大学の場合は4年、専門学校の場合は3年または4年です。柔道整復師の資格に種別はなく、大学と専門学校のどちらを卒業しても同じ試験を受けることになります。そのため、受験資格という面から見れば両者の間に違いはありません。また、修業年限も4年制専門学校の場合は大学と同じです。では、大学と専門学校の間にはどんな違いがあるかというと、1つは得られる学位の違いです。大学の場合は学士の称号が得られますが、専門学校の場合は専門士または高度専門士となります。もう1つの違いは、専攻分野に対する基本姿勢です。個々の学校によっても異なりますが、大学の場合は研究職に進む人のことも考えて学究的な肌合いが強いのに対して、専門学校はより実践的です。どちらかというと、専門学校の方が実社会に出て柔道整復師として働くためのスキルの習得に重点が置かれる傾向があります。

ガードマンへの需要高まる

警備員

警備は様々な施設で必要とされるため、警備員の仕事は職場や勤務時間・勤務内容などが多岐にわたるという特徴を持っています。さらに資格を取得することで転職や昇進へのチャンスをつかみやすく、キャリア形成のイメージがしやすいのも良い点でしょう。

建設業界の仕事

刷毛

塗装求人に応募する前には、求人情報に掲載されている人材像をしっかりと確認しましょう。たとえば、コミュニケーションスキルが求められている場合には、面接の前にシミュレーションを繰り返して想定問答集をつくっておいてください。

自分にあう就職先

レディ

パート求人の中には主婦の女性を積極的に歓迎している場所があります。子育て中の方はこうした職場に就職しましょう。逆に子育てが一段落している方であれば、医療事務のような専門性の高い求人に応募するとキャリアをつめます。